サービス 導入事例 ニュース 会社情報 お問い合わせ

Home導入事例

導入事例

導入事例

JMCの製品・サービスを実際に導入いただきましたお客さまの様子をご紹介しています。


※ 導入事例の内容は作成された時点でのものです。
※ Hard lockはHardlockeyの以前のバージョンの商品名です。
※ JMCエデュケーションズは株式会社JMCの旧社名です。

 

教育専用クラウドand.T(アンドティ)/導入事例 JETSSを実際に導入いただきましたお客様の様子をご紹介しています。
■能勢町教育委員会(大坂府)
「情報交換をもっと便利にしたい」「成績処理の負担を軽減させたい」そんな思いから、能勢町教育委員会はグループウェアや校務支援システムの検討を進めました。限られた予算で、いかにセキュリティを確保するか。目に留まったのはJMCの「and.T」でした。
平成29年3月作成 
■能勢町教育委員会(大坂府)
詳細はこちら
■只見町教育委員会(福島県南会津郡)
福島県只見町教育委員会では、平成25年度に町内の小学校3校、中学校1校のPCなどICT機器の刷新を行いました。それに先立って、小・中学校の先生方に要望をヒアリング。中学校の校長先生から「情報管理をクラウド化してはどうか」という提案がなされました。
平成27年4月作成 
■只見町教育委員会(福島県南会津郡)
詳細はこちら
教育の情報化コンサルティング/導入事例
■土浦市教育委員会(茨城県)
「確かな学力」を育む教育を目指している茨城県土浦市。児童・生徒の学力向上のために教育の情報化を推進し、平成26年3月に「土浦市教育情報化計画」を策定しました。
平成27年6月作成 
■土浦市教育委員会(茨城県)
詳細はこちら
タブレット安心サポート
■ 株式会社ECC(大阪市)
ECCジュニアでは、新しい学習ツール「iPad」と「録音・音声ペン」に対する教室運営者やお客さまからの問い合わせ窓口として、JMCの「ヘルプデスク」サービスを導入しています。JMCヘルプデスクを導入した経緯とその活用方法について詳しく聞きました。
平成28年2月作成 
■ 株式会社ECC(大阪市)
詳細はこちら
ICT支援員/導入事例
■豊島区教育委員会(東京都)
豊島区では、平成26年4月から区立の小・中学校全校で校務支援システムが本格的に稼働しています。また、校務支援システムの構築と同じタイミングで、ICT支援員事業もスタートしました。その経緯と成果について、お話を伺いました。
平成28年3月作成
■豊島区教育委員会(東京都)
詳細はこちら
■東京学芸大学附属小金井小学校(東京都)
東京学芸大学附属小金井小学校は、東京学芸大学の教育実践研究支援センターと連携し、教育の情報化に対応できる教員を養成するための実践的な活動を展開しています。先生方が授業でICTを活用するときのサポートのために、ICT支援員を導入しました。
平成27年5月作成 
■東京学芸大学附属小金井小学校(東京都)
詳細はこちら
■東京都23区内の教育委員会(東京都)
都心に位置するある教育委員会では、独自に「教室のICT化」を考案し、「誰もが、いつでも、簡単に使用できるICT環境」を整えました。整備したICT環境の活用をサポートする「ICT支援員」事業も、その取り組みの一つです。
平成27年3月作成 
■東京都23区内の教育委員会(東京都)
詳細はこちら
■藤枝市教育委員会(静岡県藤枝市)
藤枝市では「教育日本一」を目指して、確実に学力が定着する授業作りや、子供の個性や才能、創造性の育成に向けた特色ある教育などが行われています。その中で、ICT利活用向上を目的に、小・中学校向けにICT支援員事業をスタートされました。
平成25年3月作成 
■藤枝市教育委員会(静岡県藤枝市)
詳細はこちら
学校ネットパトロール/導入事例
■藤枝市教育委員会(静岡県藤枝市)
さまざまな教育課題の解決を目指す、神奈川県相模原市。今回は、いわゆる「ネットいじめ」に関する取り組みについて、相模原市立総合学習センター学習情報班の岡部竜生指導主事と、相模原市立清新中学校技術科の須藤雄紀先生に、お話を伺いました。
平成26年12月作成 
■相模原市立総合学習センター(神奈川県相模原市)
詳細はこちら
 
Hardlockey/導入事例 Hardlockeyを実際に導入いただきましたお客様の様子をご紹介しています。
■相模原市立相原中学校(神奈川県相模原市)
PC活用による授業の実践など、全国に先駆け教育のICT化に取り組む、神奈川県相模原市。平成17年度「フロンティアスクール推進事業」の研究委託校として教職員全員に一人一台のPCを配した相原中学校では、USB認証キーHardlockeyも導入され、セキュリティと利便性の両立が図られています。
平成20年3月作成 
■相模原市立相原中学校(神奈川県相模原市)
詳細はこちら
■秋田県立横手清陵学院(秋田県横手市)
秋田県では初めてとなる中高一貫教育校として、また工業系の学科を持つ全国初の中高一貫教育校として、2004年4月に開校した、秋田県立横手清陵学院。そこには、具体的にどういった内容で、どんな成果が教育現場にもたらされているのかを、今回はレポートいたします。
平成19年4月作成 
■秋田県立横手清陵学院(秋田県横手市)
詳細はこちら
■品川区教育委員会(東京都品川区)
全国でも類を見ない先取的な取り組みを数多く実践する品川区教育委員会。独自の施策を次々に実践し、全国から注目を集めています。そんな品川区教育委員会が、どんな思惑でHardlockeyの導入を決め、実際の教育現場で活用されているのでしょうか。
平成18年11月作成 
■品川区教育委員会(東京都品川区)
詳細はこちら
■拓殖大学北海道短期大学(北海道深川市)
キャンパス内の無線LAN化や、北海道と東京のキャンパス間での遠隔講義やeラーニングなど、インターネットの活用に積極的に取り組んできた拓殖大学北海道短期大学。情報システム再構築にあたって、セキュリティーを強化されました。
平成18年10月作成 
■拓殖大学北海道短期大学(北海道深川市)
詳細はこちら
■東京都武蔵野市第六中学校(東京都武蔵野市)
学校教育の情報化に積極的な武蔵野市の中でも、とくに積極的な取り組みと整った環境で情報教育モデル校となっている第六中学校。 快適で使いやすい環境を第一に情報化が進められた一方で、高い危機意識のもとセキュリティ対策も平行して行われてきたそうです。
平成17年3月作成 
■東京都武蔵野市第六中学校(東京都武蔵野市)
詳細はこちら
■山形県高畠町立高畠第三中学校(山形県高畠町)
今から約6〜7年ほど前には早くもLANが構築されていた高畠第三中学校。使いやすさが高く評価され、2003年に導入されました。今ではHard Lockの仕組みを詳しく知らない先生でも「大切な情報はキーを挿して使う」がきちんと習慣化されているそうです。
平成16年11月作成 
■山形県高畠町立高畠第三中学校(山形県高畠町)
詳細はこちら
■神奈川県立上溝高等学校(神奈川県相模原市上溝)
創立94年の歴史ある県立上溝高校。コンピュータ教育については、時代のすう勢をにらんだ先進のカリキュラムが導入されています。Hard Lockの導入も3年目。セキュリティ面だけでなくさまざまな校務面の作業についても、じつに効果的な使い方をされています。
平成16年6月作成 
■神奈川県立上溝高等学校(神奈川県相模原市上溝)
詳細はこちら
■横浜雙葉小学校(神奈川県横浜市)
1997年にパソコン教室を新設。パソコンの積極的な活用を行っています。2003年度には、指導要録の電子化を新たに行いました。そこで問題になったのがセキュリティ。セキュリティについて検討している時に、展示会でHard Lockの存在を知り、導入にいたりました。
平成15年7月作成 
■横浜雙葉小学校(神奈川県横浜市)
詳細はこちら
■中野小学校(神奈川県津久井郡津久井町)
2001年に、ミレニアムプロジェクトに向けた大規模校LAN整備された。導入と同時に情報教育3カ年プロジェクトがスタート。さらに2002年より上月情報教育財団の研究助成を受け、積極的な情報教育研究が進められています。育て上げているセキュリティと情報教育は現在も進化を続けています。
平成15年7月作成 
■中野小学校(神奈川県津久井郡津久井町)
詳細はこちら

●こちらにも導入事例がございます。あわせてご覧ください。

■Hardlockey(Hard Lock)掲載記事
New教育とコンピュータ 2003年2月号(PDF) 学習研究社  
New教育とコンピュータ 2003年3月号(PDF) 学習研究社 ・町田市立鶴川中学校
New教育とコンピュータ 2003年4月号(PDF) 学習研究社  
日経パソコン 2005年2月14日号(PDF) 日経BP社 ・八戸市教育委員会
日経パソコン 2005年8月22日号(PDF) 日経BP社 ・霧島市教育委員会
 (旧 国分市教育委員会)
タブレット端末活用支援事例
東京学芸大学付属武早中学校(東京都)
生徒一人1台のタブレット環境整備を見据えて、授業でタブレット端末の活用を始めた東京学芸大学付属武早中学校。タブレット端末を授業に役立つ身近なツールとして捉え、授業時間を有効活用しています。
平成29年3月作成 
■ 東京学芸大学付属武早中学校(東京都)
詳細はこちら
■ 品川区立源氏前小学校(東京都品川区)
児童一人につき1台ずつ、タブレット端末が配付されている品川区立源氏前小学校。ドリル教材を配信できる「トータル学習システム」を導入し、家庭学習でも活用されています。一人1台タブレット端末の活用方法や効果、活用を支えるICT研修員についてお伺いしました。
平成27年11月作成 
■ 品川区立源氏前小学校(東京都品川区)
詳細はこちら
アクティブラーニングとICT活用事例
■ 東京学芸大学付属武早中学校(東京都)
教室にICT機器を配置することにより、主体的・対話的で深い学びを生み出している東京学芸大学附属竹早中学校。先生方は、ICTを活用してアクティブ・ラーニングを実践しています。どのようにして生徒の心に残る授業を行っているか、お話を伺いました。
平成29年3月作成 
■ 東京学芸大学付属武早中学校(東京都)
詳細はこちら
校務支援システム構築
■ 豊島区教育委員会(東京都)
平成25年度中に、学校ネットワークを構築するとともに、校務支援システムを導入することにした豊島区教育委員会。そこには、限られた予算で大きな効果を得るための工夫があったといいます。導入の経緯と成果について、お話を伺いました。
平成28年3月作成 
■ 豊島区教育委員会(東京都)
詳細はこちら
JETSS/導入事例 JETSSを実際に導入いただきましたお客様の様子をご紹介しています。
■三浦市教育研究所(神奈川県三浦市)
三浦市全体の小中学校に対し、情報教育の推進を進めている同市教育研究所。専門性の高い分野を補うため、2003年度からjmcのJETSSを導入し、アドバイザーがサポートをおこなっています。その活用に実体やメリットをうかがってみました。
平成17年4月作成 
■三浦市教育研究所(神奈川県三浦市)
詳細はこちら

Page Top