サービス 導入事例 ニュース 会社情報 お問い合わせ

HomeサービスICT支援員

授業支援・校務支援 お問い合わせ:03-6890-8720

ICT支援員ICTの活用を授業と校務の双方から幅広くサポートします。

  • ICT支援員について
  • 主な支援内容
  • 導入事例
  • ご説明承ります。お問い合わせ

ICT支援員について

ICT支援員による授業支援・校務支援ICT支援員による「授業支援・校務支援」で教育現場の負担軽減を。

ICTを利用した授業や校務のサポートをするICT支援員。パソコン本体の設定やソフトウェア使用のサポートから、電子黒板やデジタル教科書の活用支援、授業で使うICT機器の準備、学校ホームページの更新まで、教員の幅広いご要望にお応えします。ICTを適切に扱い、授業や校務を効率化すれば、今までの作業時間が子どもたち一人ひとりと向き合う時間に変わります。

「ここが違う」 弊社のICT支援員

授業と校務を幅広くサポート

ICT支援員が授業に参加し、教員や子どもの機器活用をサポート。授業中のICT機器の不具合はその場で対応。校務では各種利用方法の説明、学校ホームページの更新支援などを行い、校務の効率化を図ります。

活用促進への取り組み

教員や子どもたちの操作レベルに合わせたマニュアルや、単元内容に沿った教材資料を作成。さらに、活用事例を資料にまとめ、各学校に情報発信をします。これにより、ICTの利用促進につなげます。

活動内容はレポート化

報告書毎月、活動内容を数値化し、傾向やトピックスを報告。年間報告では、支援内容や対応数の変化などを数値化し、全体の傾向や成果をご説明。さらに学校ごとに活動内容をご報告。※オプションサービスです。

自治体に合わせた組織体制の構築

自治体の規模や状況を踏まえて組織体制を作ります。たとえば、学校数が多い場合は、エリアリーダーを配置します。エリアリーダーが情報収集・共有の中心的な存在になり、学校の状況や課題を細かく把握できます。

※レポート(報告書)の提出とご報告は、オプションサービスです。

ICT支援員の人事管理と教育体制

採用

  • ・業務に生かせる経験
  • ・コミュニケーション力
  • ・ICTスキルのバランス評価

育成

  • ・基礎スキルの習得
  • ・継続的なスキルアップ
  • ・コミュニケーション力強化

評価

  • ・年2回の業務評価
  • ・3つの観点からの評価
  • ・評価結果は業務に反映
↓

事前研修

  • ・自治体の学校環境に関する概要
  • ・ICT支援員業務の概要
  • ・学校現場の理解と学校訪問時の注意点
  • ・教育の情報化に関する基礎教育
  • ・ネットワーク機器とソフトウェアの操作
  • ・ロールプレイ(ICT支援業務、授業支援)
  • ・情報セキュリティ、情報モラル、著作権 など

定期研修

ICT支援員間の定期ミーティングで実施。研修内容は、学校要望やICT支援員のスキルレベルなど 考慮して決定します。

  • ・コミュニケーション力の向上
  • ・新しいソフトウェア、システムの操作
  • ・効果的な授業支援アイデアの創作
  • ・トラブル例と対策の情報共有 など

※「評価」の方法は一例です。自治体さまとご相談の上、設定します。

ICT支援員の受託実績

ICT支援員の配置実績は延べ3,303校。(平成15年4月〜平成26年6月までの累計)

学校規模は1校〜約100校まで。すべて教育機関(小学校、中学校、大学)の配置実績

10年以上、さまざまな自治体さまのご支援をする中で培ってきた
豊富なノウハウを生かしてサービス提供していきます。

問い合わせフォーム