サービス 導入事例 ニュース 会社情報 お問い合わせ

Homeサービス教員向け ワークショップ型 情報モラル研修

教員向けワークショップ型情報モラル研修「情報モラル」に関する指導。どのように進めていますか。

「どうやって指導すればいいのか?」「子供たちのほうが詳しい」

ネットいじめとリアルのいじめ、関連性はあるのか?

食事中や入浴中もスマホを手放せない・・・ネット依存の実態とは?

家庭と学校それぞれの役割は?

その情報、本当に書き込んで大丈夫?

コツをつかめば情報モラルの指導は難しくありません。

はじめての先生でも簡単に理解できる! 明日から授業で使える!「教員向け情報モラル研修」

講義形式(30〜60分)+ ワークショップ(30〜60分)

講義内容例

例@ ネットトラブル事例と傾向
便利なメッセージアプリにはどんな落とし穴があるのか。飲酒や喫煙の自慢をネット上でつぶやき大問題に。最近のトラブル事例の傾向を解説します。

例A 情報モラル指導のポイント
どの教科で何を教えたらよいか。教材はどこで見つけられるか。明日から授業を行うための役立つ情報をお伝えします。家庭への情報提供のポイントも。

ワークショップ

@ トラブルの原因を分析
個人情報を安易に書き込む原因は?メッセージのやり取りからなぜケンカに?事例からトラブルの原因を分析し、「心を磨く」ことの重要性を考えます。

A 情報モラル授業の略案作成
テーマを決めて授業略案を作成します。知っておくべき「ネットの特性」、「子供に身につけさせたい態度」に着目しながら、授業の展開を話し合います。

教員のための実践的な情報モラル研修

少人数ならワークショップ中心、100名以上の大人数なら講義形式
といったように、30分から120分まで実施会場や受講人数に応じて
研修内容をカスタマイズできます。

研修例

●所要時間:90分(講義45分+ワークショップ45分)
●想定参加人数:50名 ●実施場所:学校、教育委員会など(ご相談に応じます)

ねらい 内容 時間
1 ネット上の「危険」を
具体的に知る

子供の状況を知り、 
課題を認識する
 [ 講 義 ] ネットトラブルの事例と最近の傾向 
・サイバー犯罪統計
・インターネットトラブル事例
・メッセージアプリやSNSの落とし穴
・バイトテロ?不用意な情報公開による炎上   など
30分
2 指導のポイントを
理解する
 [ 講 義 ] 情報モラル授業のポイント 
・情報モラル授業の基本的な考え方
      「知識を身につける」「心を磨く」
・どのように指導するか
・教材紹介
15分
3 授業の組み立て方を
実践から学ぶ
 [ ワークショップ ]情報モラル授業の略案を作る 
・3〜6名程度のグループで、授業の略案を作成する
・題材を選択
・教材を選択
・授業の「導入」〜「展開」〜「まとめ」を組み立てる
・ワークシートにまとめ、全体に発表する
45分

※上記は研修の一例です。必要に応じて研修時間・内容はカスタマイズすることができます。

問い合わせフォーム