リスク脳トレーニングは、イラスト教材やワークシート、指導者用の指導案などを収めた研修支援ソフトです。身近な場面の題材を元に、校内でワークショップ型の情報セキュリティ研修ができます。参加者同士でコミュニケーションが生まれ、「気付き」を「共有」。参加者全員の意識が向上し、適切な行動力が身に付きます。

協働型研修の特長

  • 「気付き」を「共有」することで納得し、理解できる。
  • 「自分は大丈夫」という思い込みをなくし、知識の定着につなげる。
  • 楽しく学べる研修で、参加者全員の意識が向上する。

実施方法

短時間の研修

各学校の年間スケジュールや先生方のご都合に合わせて、短時間で充実した校内研修が実施できます。研修に必要なものが収められているため、事前準備の心配がありません。

定期的・継続的に実施

研修を定期的・継続的に実施することで、セキュリティ意識を向上し、維持することができます。重要な情報を扱う時期に、1回20分~30分の校内研修を行うのが効果的です。

効果のイメージ

研修の計画的な実施、研修後すぐの対策や振り返り、日々の情報伝達によって、向上したセキュリティ意識を維持し、行動につなげます。

パッケージ内容

手間なく、すぐに研修が始められる教材を収録しています。

教職員用

豊富なワークショップ教材で、情報セキュリティ意識を活性化。

身近な場面イラスト教材
動画教材
対策グッズ
対策ポスター
解説書
ワークシート
チェックシート
解説書に従ってすぐに校内研修ができる チェックシートや対策グッズですぐに対策が取れる 対策ポスターでセキュリティ意識が継続する

児童・生徒用

子供同士で気付き合い、パソコン利用の心得が身に付く。

身近な場面イラスト教材
解説書
ワークシート
啓発ポスター

提供形態

研修の検討から実施までに必要なものを、ソフトウェアCDと印刷物でご用意しています。

ソフトウェアCD

  • 教材(イラスト・動画・ポスター)の投影
  • 教材(イラスト・ポスター)の印刷
  • ワークシートの編集・印刷
  • その他資料の閲覧・投影

印刷テキスト・教材

  • 研修方法などの解説
  • 教材(イラスト・ポスター)の提示、掲示
  • ワークショップ実施時の手順確認
  • ワークシート、研修のまとめシート(コピーして利用可)

動作環境

OS Windows 8.1
Windows 10
バージョン 1803(April 2018 Update) / 1809(October 2018 Update) / 1909(November 2019 Update) / 2004(May 2020 Update)/ 20H2(October 2020 Update)
CPU・メモリ・
表示解像度
利用環境に応じた各OS・アプリケーションの推奨スペック以上
ブラウザー Internet Explorer 11 ※デスクトップ版のみ
アプリケーション Adobe Acrobat Reader DC
Word 2013 / 2016 / 2019
PowerPoint 2013/ 2016 / 2019
その他 CD-ROMドライブ
  • ※動作環境は、OSのサポート終了、製品の改良などにより予告なく変更する場合があります。
  • ※Windows および Internet Explorer、Word、PowerPoint は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • ※Adobe Acrobat Readerは、Adobe Systems Incorporated の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • ※リスク脳は株式会社JMCの商標または登録商標です。
  • ※本パッケージに記載の内容は、予告なく変更する場合があります。

オプションサービス

リスク脳トレーニングをより効果的に活用していただくために、本パッケージを使った研修サービスも行っています。

  • 各学校の「研修担当者向け集合研修」
  • リスク脳研修を実施・支援する「学校研修」

関連製品・サービス